まちコレ2018年12月号 Vol.541

海鮮丼

地元に親しまれる「ふくい鮮いちば」

福井県福井市

▲左:「喜多亭」の海鮮丼(1200円)は、お刺身にビックリ 右:ふくい鮮いちば正面入り口

日本列島の「へそ」に位置する福井市は、周囲を海・山・田園に囲まれている自然の恵みが豊かなまちです。

日本海に面し、海産物の宝庫で、特に11月上旬から漁が解禁となる「越前ガニ」は潮の寒暖と複雑な海流のなかで育ったことで、その肉質はプリッとした弾力ある歯ごたえで、噛むほどに口の中で甘さが広がり、またぎっしり詰まった蟹味噌は芳醇なコクがあるそうです。

極上な味わいの「越前ガニ」。極上ゆえに多くの対価を支払わなければなりませんが、福井市中央卸売市場の場内の一部を一般開放した「ふくい鮮いちば」は地元の人にも親しまれていて、新鮮な海鮮をリーズナブルな価格で楽しむことができます。

おいしくてボリューム満点の海鮮が食べたいなら、「喜多亭」の海鮮丼をおすすめします。

【まちコレメモ】
福井中央卸売市場まで、福井県・福井駅から車で15分

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)