まちコレ2017年12月号 Vol.529

もちむぎ麺

復活した「もちむぎ」と河童のガタロウ・ガジロウ兄弟

兵庫県福崎町

▲βグルカンを多く含む大麦の一種。独自技術で製麺し、「もちむぎ麺」として提供されます

「もちむぎ」は古くから栽培されていましたが、昭和30年代には途絶えていました。これを特産品にすべく1986年から試験栽培を開始し、製麺技術も開発。1995年には特産館「もちむぎのやかた」をオープンしたものの、当初は来客もままならず、「もうだめか」と覚悟したところで、折からの健康食品ブームとテレビ番組の紹介をきっかけに努力が実って急展開します。今や、休日には駐車場は満車で観光バスも次々に。

隣接する池からは河童が出没します。当地出身の民族学者・柳田國男に由来したもので、「もうユルキャラでもあるまい」と造られたリアル?な河童は造形を趣味にする同町職員が自らデザインしたもの。これをめあての観光客も集まります。

【まちコレメモ】
もちむぎのやかた
福崎町西田原1022番4
0790-22-0569

▲河童のガジロウ(河次郎)

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)