まちコレ2017年7月号 Vol.524

農民連丸大豆しょうゆ

木樽2年仕込みの天然醸造醤油

千葉県

千葉と言えば、醤油。江戸時代に水運に恵まれた野田や銚子で醸造が盛んになり、県内には多くの有名醤油メーカーがあります。

その千葉にあって小さいながらも伝統的な製法を守り続けているのが宮(みや)醤油店です。麹づくりから自社で手掛け、木桶で2年の月日をかけ人工的な温度管理なしで醤油を製造しています。富津市にある宮醤油の木造の店舗や蔵は、国登録有形文化財となっており見学もできます。

この醸造所で、野田市の農民連組合員が育てた大豆を使って仕込んだのが「農民連丸大豆醤油」です。とにかく「うまみ」が強くダシが要らないくらいの濃い味。醤油の味がよくわかる刺身がおすすめです。これからの季節、冷奴もいいですね。

【まちコレメモ】
農民連丸大豆醤油 720円(1リットル)税込・送料別
 「農民連ふるさとちばネットワーク」
TEL043―443―9260/FAX043―443―9261

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)