まちコレ2017年5月号 Vol.522

彩誉(あやほまれ)

きしわだ発の新しいブランド人参

大阪府岸和田市

▲問い合せ:岸和田市役所産業振興部農林水産課 あやほまれマーケット http://ayahomare.jp/

彩誉(あやほまれ)は2002年に岸和田市の農地で開発され、糖度がとくに増す冬期しか収穫されない希少なブランド種の人参です。彩誉が注目されたのは2006年頃にシニア野菜ソムリエの西村有加さんがジュースを大絶賛したことに始まったそうです。そして、鮮やかな濃紅色で、人参特有のにおいや味を一変させただけでなく、甘く栄養価も高いためさまざまな料理に利用されています。

さらに、岸和田市の農林水産課が岸和田商工会議所と力を合わせ彩誉ブランド委員会を立ち上げて地域経済の活性化にとりくんでいます。

2014年には公募で選ばれたブランドロゴデザインも決まり、彩誉を使ったオリジナル商品が地元の業者の力を借りてどんどん完成しています。ドレッシングやピクルス、ジャムはもちろん三笠やパンだけでなく、タオルまで店頭に並んでいます。

だんじりのまち岸和田に新しい楽しみが増えています。

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)