まちコレ2015年12月号 Vol.505

けいちゃん

岐阜の山間に伝わる郷土料理

岐阜県
201512-machi-1

▲「けいちゃん」定食950円

 「けいちゃん」は、一口サイズに切り分けた鶏肉を味噌や醤油ベースのタレに漬け込んだものと一緒にキャベツや玉ねぎ、ニラ、季節の野菜などを炒めて作る郷土料理です。

 岐阜県下呂市にある味処「山びこ」では、四季折々の地元食材を使った料理を提供し続け40年。そこで食べる「けいちゃん」定食は、味噌ベースで味は濃いめ。にんにくやニラの風味などとも相まって、ご飯との相性は抜群です。

 地元の方の多くが「けいちゃん」定食を注文するそうです。また「けいちゃん」の味付けは、お店の数、家庭の数ほどあると言われており、バリエーションも豊富です。

 一説によれば、卵を産まなくなったニワトリを調理して食べたことが始まりのようです。

 現在では、郷土料理の「けいちゃん」を活かして、町おこしの活動をしている団体もあります。岐阜県に立ち寄った際はぜひご賞味ください。

201512-machi-2

▲味処「山びこ」

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)