まちコレ2014年7月号 Vol.488

特許庁認定地域ブランド“西尾の抹茶”

豊かな抹茶の風味が香る
緑茶缶飲料“西尾っ茶”

愛知県西尾市
201407-machi-1

▲5月上旬から始まるお茶の初摘み。早乙女姿の茶摘みっ娘は観光客にも人気です

田貫(たぬき)神明社の祭礼で奉納される民俗芸能「棒の手」で知られる西尾市は、日本有数の抹茶生産量を誇る街。矢作川左岸一帯の小高い丘「稲荷山茶園公園」を中心に、茶畑が広がります。

「抹茶」といえば、きちんと正座、品良くおしとやかに、のイメージが浮かんできます。これを身近に感じてもらおうと、食品加工用原料として普及にがんばった西尾のお茶産業。アイスクリームやチョコ、ラテにと抹茶味の商品はコンビニでもおなじみに。

梅雨入りしてから、豪雨が続いたかと思えば、連日の真夏日。熱中症対策に水分補給は必須です。7月11日に発売予定の抹茶入り緑茶缶飲料「西尾っ茶」は、抹茶も煎茶も西尾産一番茶にこだわる〝おもてなし〟の心いっぱいの品。ふたを開けた途端に広がる豊かな香りは、一服の価値あり、です。

【まちコレメモ】
価格 130円(税込)
宅配 西尾酒販協同組合0563-56-3890

201407-machi-2