10月15日(土)、東京・芝公園で「TPPを批准させない!全国共同行動」が行われました。この集会は、自治労連も参加する全国食健連が事務局を務める「TPPを批准させない!全国共同行動」が主催として開催され全国から約8000人が集まりました。

「TPPはいらない!」「安倍政権退陣!」

 開会のあいさつでは、呼びかけ人の一人である主婦連合会の山根香織参与が「安倍内閣は、輸入米の価格偽装やTPP協定文の誤訳など問題が噴出しているのに、批准を強行しようとしている。批准阻止のため、私たちの声をさらに広く大きくしていこう」とあいさつしました。
 集会には各政党からも国会議員が参加して、アピールを行いました。日本共産党の小池書記局長は、「多国籍企業のために関税と非関税障壁を撤廃し、国民生活に悪影響を与えるTPPは、経済主権を売り渡す亡国の協定だ。国会内外で力を合わせ、市民のみなさんと運動を広げに広げ、批准を阻止しよう」と訴えました。社民党の福島瑞OLYMPUS DIGITAL CAMERA穂参議院議員は「自民党は野党時代TPPに反対していた。稲田防衛相も当時『TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場』などと発言していた。日本を守るため、何としても批准を阻止していこう」と訴えました。自由党からは山本太郎参議院議員が訴え、民進党からもメッセージが寄せられました。
 各地・各界からのリレートークでは、「TPPで北海道の農業が壊滅的なダメージを受ける。未来を守るため利益追求でなく、いのちを重んじる社会を守るため、TPPの批准を阻止していこう」(Anti-TPP Hokkaido・村中千廣さん)、「日本協同組合学会がTPP反対の表明をした。学会が意見表明をすることは異例である。学会の総会でも多くの反対意見が寄せられるなど、学者の多くがTPPを問題視している」(日本協同組合学会石田正昭会長・龍谷大学教授)、「TPPを反対していた自民党が今では批准を強行採決しようとしている。憲法についても選挙前は静かにしていたが選挙が終わった途端に改憲の話を始めた。こんな安倍政権を倒すため、共同のたたかいをさらに大きくすすめていこう」(総がかり行動実行委員会・高田健共同代表)、「TPPに参加することよりも、まず震災復興することが一番だ。TPPでは日本の食料を守ることはできない。豊かな地域を守っていくため、みなさんと一緒にがんばっていきます」(岩手県生協連合会・吉田敏恵専務)、「アメリカではTPPの仕組みが問題視されており、『ISD条項で訴えられるのでは・・・』との懸念が広がっている。TPPの批准阻止が最大の目標ではあるが、TPP後もグローバル企業が私たちの生活を脅かすような協定が出てくるOLYMPUS DIGITAL CAMERAかもしれない。これからも運動を継続し、大きく広げていかなければならない」(アジア太平洋資料センター・内田聖子事務局長)など、各地・各界からの訴えがありました。
 また、集会には海外からもメッセージが届けられ、アメリカでTPP批准阻止の運動を進めている市民団体「パブリック・シチズン」から「ひとつになってたたかいましょう。TPPハンタイ」とのメッセージが寄せられました。
集会の最後に、集会アピールが満場の拍手で採択され、呼びかけ人の一人で元農林水産大臣の山田正彦さんから閉会のあいさつがあり「国民みんなでTPP反対の声を上げ、批准を阻止していこう」と訴えました。
 集会終了後、参加者は銀座に向けてデモ行進を行いました。参加者は「くらしを壊す、TPPはいらない!」「TPPより震災復興を!」「日本の農業を守ろう!」とコールしながら「TPP反対」のプラカードを掲げ沿道にアピールを行いました。