image003

 台風18号による京都府内の災害は、9年前の台風23号の被害を上回る甚大なものとなっています。京都自治労連は1日も早い復興へ緊急のボランティアを呼びかけたところ、9月21日~23日でのべ135人が参加しました。和歌山自治労連や兵庫自治労連の仲間も「お世話になったお返しを」と駆けつけました。

 京都府内では床上・床下浸水が5000戸を超え、農業をはじめ地場産業に甚大な被害を及ぼした大水害から懸命な復興への取り組みが行われています。今回のボランティアには、和歌山と兵庫の自治労連から、3日間で34人もの仲間も参加し、強い日差しの中で困難な作業を率先して行いました。
 京都自治労連は、福知山市の戸田地区・土地区を拠点にボランティア活動を展開し、田んぼや住宅地に流れ着いた膨大な量のゴミ出しや、床下や道路の側面にビッシリ溜まった泥の除去が主な作業となりました。住民の方からは「『堤防を建設するから』と移転に応じたのに、肝心の堤防が未完成で、また災害にあった」という声や、「もしもの場合を考えて、基礎を1m高くしたが、それでも床上浸水し、床暖房が台無しになった。家族だけでは先が見えなかったが、皆さんの支援で元気が出てきました」と感謝の言葉をいただきました。

「力を合わせる魅力を感じた」

 今回、ボランティアに初めて参加した青年保育士の女性は「前からボランティアに参加したいと思っていました。京都自治労連のFAXニュースを見て、即応募しました。参加してみて、みんなで力を合わせて作業する事に魅力を感じました」と笑顔で語ってくれました。image006