自治労連が実施した「自治体病院に働く職員の労働実態アンケート」は、職場の大きな反響を呼び13,000枚に及ぶ回答を集約することができました。11月9日までに自治労連に届けられた9,925人のデータ(単純集計)について集計・分析を行い、1月20日に開催した「地域医療と公立病院の充実を求める『いのちと地域を守る学習・意思統一集会』」で中間報告を行いました。

 中間報告の結果は、早速、集会翌日に取り組んだ総務省・厚労省への要請、全国自治体病院協議会・日本看護協会との懇談でも活用し、自治体病院の労働実態を訴えてきました。引き続き、6月にクロス集計などを含め、最終報告をとりまとめる予定です。

【中間報告の概要】

 この中間報告の概要は、自治労連が2018年9月~10月に実施した「自治体病院に働く職員の労働実態アンケート」9,925人(11月9日までの到着分)の集計結果(単純集計)に基づく報告です。

問1の「あなたの職種」の問いに対し、回答者の75.6%が看護職員という結果でした。つまり、全体の単純集計の結果としては、回答者の7割以上が看護職員であったということとして、以下の結果をみる必要があります。

問4の「現在の病院等でのあなたの勤続年数」では、「15~19年」が7.6%となっており、その前後の「10年~14年」が13.2%、「20年~29年」が14.5%となっているのに対し、顕著に約1/2程度に落ち込んでいます。

問8「1年前に比べ仕事量はどうですか」では、62.8%の人が1年前より仕事量が増えたと答え、問9の「今年9月の超過勤務」と、問10の「今年9月の超過勤務のうちサービス残業は」の問いに対しても、超過勤務を行った8,752名(9,925名-1,173名)の内、7,217名(9,925名-2,708名)が不払い残業(サービス残業)を強いられていることがわかります。

問11「昨年1年間の有給休暇は何日取れましたか」では、「なし」も含めて年間に「10日以内」の取得者が58%となっています。

問16「セクハラを受けたことがある人」は18%で、その内、患者からが55%、問17の「パワハラを受けたことがある人」は39.5%で、上司からが57.9%となっています。

問18「あなたは普段の仕事で心身に疲労を感じますか」では、「毎日非常に疲れる」と「たまに非常に疲れる」合わせて69.9%。

問19「この1年間で病院・医院に受診した」人が77.8%(7721名)。そのうちの27.8%が風邪で受診しています。

問20の「健康で働くうえで何を改善すべき」の問いには65.6%(6,508名)が「人員の拡充」と答え、38.5%が「業務量の削減」、37.0%が「年次有給休暇の取得促進」と答えています。業務量に比べ人員が少なく年次有給休暇も取得できずに働くことで体調を崩していることがわかります。

問21「あなたが常用している薬」では、31.2%(3,093名)の人が「鎮痛剤」を常用して痛みをこらえて働いています。また、体調を崩さないようにとの思いなのか21.1%(2,094名)の人が「栄養・疲労回復ドリンク」を常用していると答えています。

問22「最近の症状」では、「身体がだるい」56.5%(5,604名)、「目が疲れる」43.8%、「腰痛」38.3%と身体的症状だけでなく、「イライラする」31.2%、「ゆううつ気分がする」28.7%など精神的な症状も多くの人が答えています。

問23の「あなたの疲れの回復具合」では、「翌日に残ることが多い」45.5%、「休日でも回復せずにいつも疲れている」が24.2%とかなり疲弊した状態であることがわかります。

問24「仕事上ストレスを強く感じるのは」では、43.2%(4,290名)の方が「仕事の量」と答えています。いかに業務量が多いかが伺えます。

問25の「現在の仕事にやりがいを感じていますか」では、「感じている」28.5%、「少し感じる」50.2%と、合わせて78.7%の人がやりがいを感じています。しかし、問28の「あなたは仕事を辞めたいと思いますか」では、「いつも思う」20.3%、「ときどき思う」52.0%合わせて72.3%の人が辞めたいと思うと答えています。「やりがいを感じているのに辞めたいと思う」結果となっています。

問28:②の「仕事を辞めたい理由は」では46.4%が「人員不足で仕事がきつい」、「賃金が安い」30.3%、「職場の人間関係」28.7%、「休みが取れない」28.1%と答えています。

 感じているやりがいに応えられるように、業務量に見合った人員の確保と賃金アップ、年次有給休暇等の休暇の取得満足度の向上で、健康で働き続けられる職場を求める結果となっています。

アンケート中間集計の詳細はダウンロードしてご覧ください

2018自治体病院に働く職員の労働実態アンケート【中間報告】 (13 ダウンロード)