image003

11/26 緊急国会行動

 11月26日、「特定秘密保護法」反対!のため、緊急に昼休み国会行動が開催されました。

 朝9時から緊急招集された衆議院特別委員会の傍聴者からの報告では、「普段は出席率の悪い与党が全員参加し、雰囲気からも『特定秘密保護法案』が強行採決されるのを感じた」。また、各会派からの質疑でも「国連、国際機関の担当者からも法案に対する反対や懸念の声が上がり、問題点を払拭する答弁を求める申し入れが出されているが、安倍首相は『誤解がある』と述べただけ」。維新の会の第三者機関についての質問には「『設置すべく努力する』『考える』とあいまいな表現をし、『設置する』とは最後まで言わなかった」と、問題点に対して何一つまともな答弁がされなかったことを報告されました。

 多くの参加者から反対・懸念の声が上がった福島公聴会を開催した翌日に衆院本会議にて強行採決がされ、「公聴会での意見も反映されず、ただ公聴会を開き、意見を聞いたというアリバイ作りとして利用されたようなもの」と批判しました。与党は、40時間の審議で十分議論が尽くされたとするが、反対答弁もされないまま強行採決をするというやり方も民主主義に反するものだと怒りの声が次々と上がりました。

 また、集会後は、緊急記者会見と衆議院議員面談所で抗議集会が行われました。

首相官邸前行動

 安倍自公政権が秘密保護法案を衆院本会議で強行可決しようとしている26日夕方、首相官邸前には仕事帰りのサラリーマン、インターネットを見て駆けつけた市民らが続々と集まりました。首相 官邸前緊急行動に駆けつけた1,000を超える人たちがドラムの音に合わせて「法案に絶対反対!絶対廃案!」のコールを響かせました。官邸前には人があふれかえったため、国会正門前でも抗議行動がおこなわれ、そこでも「強行採決絶対反対」「秘密保護法案絶対反対」とコールしました。

12/2 緊急国会行動

 12月2日、安倍政権が、今臨時国会で「特定秘密法案」を参議院でも採決させ、成立させようとする状況の中、国民大運動実行委員会は臨時の国会行動を衆議院第2議員会館前にて開催しました。「何としても法案成立は許さない」と500人が国会前に結集しました。

 自民党の石破茂幹事長が秘密保護法案に反対する市民のデモを「テロ行為」とブログで批判したことにも怒りと不安が広がっています。衆院段階で「修正」合意した党も含め、野党7党の書記局長・幹事長は2日、会談し、石破氏の暴言に抗議し、秘密保護法案の慎重審議を要求することで一致しました。

 開会あいさつでは、全教の代表者が「特定秘密保護法に対する反対世論が日に日に増し、国会審議の中で法案の危険性が明らかになってきている。一日一日の取り組みが廃案に大きく結びつくことになる。最後まであきらめずに頑張ろう」と訴えました。

 日本共産党・田村智子参議院議員は、「今朝も『国家安全保障に関する特別委員会』が開催されている。審議するほどひどい内容であることが明らかとなっている。国会外部からの参考人質疑も突然翌日に行うことを決めるなど不誠実そのもの。民主党が官房長官に質問を求めた時も、森大臣が応えられる内容だ、事前に質問内容を確認したところ応える必要がないと判断したとして出てこなかった。このようなやり方も内容も民主主義を破壊するもの」と、与党政権のやり方を強く批判しました。

 活動交流では、全教、埼玉土建、婦団連などから決意表明を行いました。

国会前キャンドル行動

image013 昼間の緊急国会行動に続いて午後6時から市民らによる「国会前キャンドル行動」が行なわれました。参院議員会館前の歩道は、「秘密保護法反対!」と書いたプラカードとキャンドル・ペンライトを持ち、市民、ジャーナリスト、民主団体、労働組合など約1,500人が集まりました。日本平和委員会千坂事務局長、出版労連書記長、澤地久枝さんや落合恵子さんらが法案廃案へ向けた決意やスピーチを行いました。最後は、国会に向けて「秘密保護法案廃案!」のシュプレヒコールを行いました。

 

≪『秘密保護法案』廃案へ!12・6大集会≫

日時:12月6日(金)18時30分~19時15分

場所:日比谷野外音楽堂

主催:「秘密保護法案」廃案へ!実行委員会

 ・集会の内容 主催者あいさつ/国会議員あいさつ/表現者関係者/プレトーク

 ・デモ 19時15分出発 国会請願デモ、銀座デモの2コース