図書館の本棚2019年1月号 Vol.542

12冊目

「日本国憲法」を読み直す

井上ひさし・樋口陽一 著

1993年に行われた対談をまとめたものです。

政治や国際状況に大きな変化はありますが、憲法前文に込められた「防御装置」の意味から対談が始まります。「投票によって国家をつくっている」こと、憲法を読み直すことの意味は「国家と個人の関係を問い直す、格好の機会」(井上)と語られます。

岩波現代文庫には、1995年の対談と、井上氏没後に樋口氏が行った講演も収録されています。

安倍内閣が強行しようとする「改憲」の策動と、それを許さない3000万人署名など運動の広がりが拮抗するいま、改めて「読み直し」てみてはどうでしょう。

岩波現代文庫
2014年7月 302ページ
定価:1040円+税
講談社:1994年1月
定価:1553円+税