投稿
  • HOME |
  • »
  • 月別アーカイブ: 2011年August

月別アーカイブ: 2011年8月

第34回自治体労働者平和のつどいin長崎を開催

2011年原水爆禁止世界大会~原発からの撤退と自然エネルギーへの転換を  広島・長崎に原爆が投下されてから66年となる原水爆禁止世界大会は、8月3日の国際会議から始まり、長崎大会をメインとし9日まで開催されました。世界大 …

「子ども子育て新システム」は欠陥制度
導入許さず、国と自治体が責任をもって保育の充実を

2011年8月17日 「子ども子育て新システム」は欠陥制度 導入許さず、国と自治体が責任をもって保育の充実を 日本自治体労働組合総連合 書記長 猿橋 均 -ワーキングチーム中間とりまとめ、少子化社会対策会議決定を受けて- …

泉南市プール事故、原因究明と再発防止の徹底を申し入れ-大阪自治労連

 大阪府泉南市立砂川小学校のプールで7月31日、民間委託によるずさんな監視体制によりプールの監視員が配置されず、小学1年生の男児が水死した事故について、大阪自治労連と大阪労連は8月10日、泉南市に対して、事故の原因究明と …

看護師等の「雇用の質」の向上のための取り組みについて通知を歓迎し、安全・安心の医療体制の構築に向けた取り組み

2011年7月25日 看護師等の「雇用の質」の向上のための取り組みについて通知を歓迎し、安全・安心の医療体制の構築に向けた取り組み 日本自治体労働組合総連合 書記長 猿橋 均 1、厚生労働省は「看護師等の『雇用の質』の向 …

プール事故から5年-ふじみ野市市職労が第5回安全な公共施設を考える市民集会開催

 2006年7月の埼玉県ふじみ野市の市営「大井プール」事故から5年目にあたる7月31日、ふじみ野市職労は事故の再発防止を求めて「第5回安全な公共施設を考える市民集会」を開催しました。  はじめに、ふじみ野市職労の後藤委員 …

長野県栄村の震災復旧状況を調査

市町村合併しなかったからこそ、住民本位の復旧ができた  長野県の最北端にある栄村は人口2300人、高齢化率が45%を超える豪雪の村です。3月12日未明に襲った震度6強の地震よって、住宅の全壊33世帯70人、半壊174世帯 …

7.28中央行動で夏季闘争勝利へ決意固める

 日比谷野外音楽堂で「被災地の復旧・復興を!原発ゼロ、最賃引き上げ、公務員賃金改善、国民本位の財政実現 国民要求実現7・28総決起集会」が開催され、蒸し暑さのなか、官・民さまざまな組合旗が林立。夏季闘争勝利への決意を固め …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 日本自治体労働組合総連合 All Rights Reserved.