原発はいらない! 子どもを守れ!

「6.28ノーニュークスデー さよなら原発 首都大行進」に5500人が集結

 

image003

 6月28日(土)、激しい雨風が打ちつける中、九州電力川内原発の再稼働に反対する「6.28ノーニュークスデー 緊急!!さようなら原発 首都大行進」が行われました。

 この行動は、全労連が参加する「原発をなくす全国連絡会」と「首都圏反原発連合」「さようなら原発1000万人アクション」の主催で行われ、全国から5500人が東京・明治公園に集結し、自治労連からも首都圏を中心に多数参加しました。

 主催者あいさつでは、「さようなら原発1000万人アクション」の鎌田慧さんから、「未来を考える市民の力で運動を盛り上げ、川内原発をとめて他の原発も止めましょう。」と訴えました。「原発をなくす全国連絡会」の伊東達也さんからは、「福島は震災から3年が経過しても、事故収束には程遠いのが現実です。苦しみを怒りに変え、怒りを行動に変えて、希望を見いだしていきましょう。」と語りました。「首都圏反原発連合」のミサオ・レッドウルフさんからは「大飯原発の差し止め判決は、全国の運動の結晶です。原告団はもちろん、全国の運動で勝ち取ったものだと思っています。この判決を力にして、川内原発を再稼働させないようがんばりましょう」と訴えました。集会には、経済評論家の内橋克人さんや作家の中山千夏さん、脱原発原告団全国連絡会の小野有五共同代表ほか被災地福島からの報告など、多くの方からの発言がありました。

 

なんとしても原発再稼働を阻止しないといけない

 集会後は、明治公園から代々木公園へデモ行動を行ない、「原発再稼働反対」や「子どもたちの為に原発は廃炉に!」など参加者は思い思いのメッセージボードや横断幕を掲げ、通行人にアピールしました。デモは週末に大勢の人で賑わう渋谷区の表参道を通るコースだったため、若者からお年寄りまで幅広い人々へ訴えかけることができました。沿道から手を振る人や飛び入りでデモに参加する人などと一緒になって「再稼働反対!」「子どもを守れ!」と声をあげました。参加者からは「いま政府主導で日本が危険な方向へ進んでいる。未来を担う子どもたちのために再稼働反対、原発廃炉の声を大きく広げていかなければいけない」「火山の噴火など、川内原発は危険な原発であるにもかかわらず再稼働されてしまえば、他の原発もなし崩しで再稼働されてしまう。このような集会を通して市民が声を上げ、なんとしても原発の再稼働を阻止しないといけない」などの感想がありました。

 激しい豪雨の中で始まった集会は、「原発反対」「再稼働反対」の思いを持つ多くの人たちの思いが届いたのか、途中から雨も上がり、大成功で集会を終えました。

image005