image003 6月5日(日)、全国で「明日を決めるのは私たち!6.5全国総がかり大行動」が取り組まれ、都内では国会正門前、農林水産省前、日比谷公園前の3ヵ所に特設ステージが設けられ、中央集会が開催されました。集会には4万人が参加し自治労連からも約600人が参加しました。

 開会あいさつをした市民連合の佐藤学さんは、「昨年9月19日の怒りを忘れず、市民はたたかいの輪をひろげてきました。今、日本を戦争する国にするか否かの分岐点にたっています。憲法改悪を許さず、日本を戦争する国にしないたたかいを広げていきましょう」と訴えました。

 ルポライターの鎌田慧さんや日弁連憲法問題対策本部の福山洋子弁護士など多くの学者・文化人・市民・野党の代表らが発言。脚本家の小山内美江子さんは10万人以上が命を落とした東京大空襲の様子を述べ「戦争を二度としてはいけない」と訴えました。一橋大学名誉教授の渡辺治さんは、「戦争法廃止の運動が『あきらめない共同』『政治をimage007変える共同』などにつながり安倍政権を追い詰めている。この運動をさらに押し上げましょう」と訴えました。参加者は「政治を変える 市民が変える」というプラカードを掲げ国会に向けコールを行い、「立憲主義と民主主義を守り日本を戦争する国にしない」という思いをさらに固めました。

 全労連の小田川義和議長は「戦争法廃止の2000万署名を6月中にやりきる」ことを提起。「署名は全国で1200万筆以上が集まっています。参院選挙闘争とも結合し、残り1か月さらなる行動の強化を」と訴えました。