「原発ゼロへ、圧倒的市民の声をたたきつけよう!」原発ゼロをめざす6.2中央集会に18000人

 自治労連も参加する「原発をなくす全国連絡会」が主催する「原発ゼロをめざす中央集会」が6月2日、東京の明治公園で開催され、全国から1万8000人が参加。「原発ゼロの日本の実現」をめざす集会アピールを採択し、都内を3コースに分かれてデモ行進をしました。

 この集会は「原発をなくす全国連絡会」「さようなら原発1000万人アクション」「首都圏反原発連合」が共同する「6.2 NO NUKES DAY(ノーニュークスディ)」の一環として取り組まれたものです。

 デモ行進終了後は、首都圏反原発連合が主催する国会大包囲に合流しました。

 原発ゼロをめざす中央集会は、午前中に、全国の運動交流を中心に置いた30のブース企画を開催。被災地のパネル写真展示やシンポジウム、ミニ集会やうたごえ、模擬店などが出店しました。会場入り口近くに設けた自治労連本部のテントでは「原発ゼロ・再生可能エネルギーをいかす地域、自治体をつくるための自治労連の提案」パンフレットの配布、自治労連地方自治問題研究機構が発行する「自治と分権」再生可能エネルギー特集号の普及、原発ゼロをめざす各種署名への協力をよびかけました。

 署名は国会への要請署名に加え「浜岡原発の永久廃炉を求める署名」「柏崎刈羽原発の再稼働に反対し、廃炉を求める署名」など全国から持ち寄った署名の協力もよびかけ、参加者が次々と立ちどまって協力をしてくれました。

 自治労連の「再生エネルギー提案」パンフレットも多くの人が持ち帰り、「地域で運動するのに参考になります」と声をかける人もいました。集まった署名の数は「いますぐ原発ゼロの日本の実現を求める請願書」115筆、「柏崎刈羽原発の再稼働に反対し、廃炉を求める署名」20筆でした。

 午後からの集会では、主催者を代表して全日本民医連の長瀬文雄事務局長があいさつ。「原発ゼロは圧倒的多数の国民の声。今日の集会を日本から原発をなくす出発点にしよう」とよびかけました。

 続いて、「首都圏反原発連合」からミサオ・レッドウルフさんが「一人ひとりの力は小さくても集まれば国会を動かせる。私たちの世代で原発ゼロの政策に転換させることにこぎつけたい」、「さようなら原発1000万人アクション」から日本消費者連盟の富山洋子さんが「子どもたちに死の灰を押し付けるのか、誰もが生きいきと暮らせる社会をめざすのか、私たちの行動が試されている」と連帯のあいさつをしました。

 政党では、日本共産党の志位和夫委員長が連帯のあいさつ。「政府は6月に閣議決定する成長戦略で原発の活用を明記し、原発を再稼働しようとしている。福島原発はいまだに事故の真っただ中。『世界最高の安全基準』という政府の方針も破綻している。たたかいはこれからが正念場。原発即時ゼロへ政治決断せよ!という声を大きくあげていきましょう」と訴えました。

 「被災地からの訴え」として、ふくしま復興共同センター代表委員の斉藤富春さんが「政府と東電に完全賠償と県内10基の原発廃炉を求める新しい署名に取り組む」と決意表明。

 リレートークでは、佐賀、愛媛、新潟、島根、埼玉など原発が立地する現地からのたたかいの報告や決意が表明されました。

 集会アピールが承認された後の「音楽による怒りのパフォーマンス」では、タレントの千葉麗子さんのコールで「原発いらない」「再稼働反対」と激しい音楽に合わせて全員が総立ちになって声を合わせました。

 集会後、参加者は都内を3つのコースに分かれてデモ行進。サウンドカーや鳴り物、手作りプラカードなど、一人ひとりが自分の思いや要求をアピールして、沿道の市民に訴えました。デモ行進終了後、参加者は夕方5時から国会包囲行動に合流しました。自治労連は国会正面玄関に向かって「原発NО!再生可能エネルギーで住続けられる地域づくりを~自治労連」と書いた横断幕を広げ、参加者とともに「原発やめろ!」「再稼働反対!」「子どもを守れ!」とコールして、抗議行動を繰り広げました。

 国会包囲行動では、3つのグループが合流して約6万人が国会を包囲し、国会前のスピーチでは、国会議員や各著名人、原発立地県などから即時原発ゼロ、原発再稼働や原発を海外へ輸出するのは許さないなど、それぞれ思いをアピールしました。最後に「原発いらない!」「いますぐ廃炉!」「再稼働反対!」などコールをして終日の行動を終了しました。