「原発なくせ」「再稼働・輸出許さない」

「原発から子どもたちを守れ」

霞ヶ関周辺に約4万人が集結

image003

 ノーニュークスデー、10・13原発ゼロ☆統一行動が日比谷公会堂、霞ヶ関や国会議事堂周辺で行われ、全国各地から約4万人が集まりました。自治労連の仲間も首都圏を中心としながら大阪や愛知など全国からも参加しました。「原発なくせ」「原発再稼働・輸出反対」「原発から子どもたちを守れ」などの思い思いのさまざまなプラカードや横断幕をかかげて、沿道に人たちにアピールしました。

 13時から日比谷公会堂で集会が行われ、2000人収容の会場は開始30分前には満席となりました。この集会は、「首都圏反原発連合」主催、「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」共催で行われました。

 主催者の首都圏反原発連合・ミサオ・レッドウルフ代表から「集会やデモなど大きな緩やかな連帯でマスコミに私たちの行動を可視化していくことが必要。現在すべての原発が稼働していない。今後、再稼働させず原発なくす運動をさらに広げていこう」とあいさつ。原発なくす全国連絡会・篠原義仁弁護士から「福島では高濃度放射線が今も放出し続けられている。全く収束できていないのが現状で、政府は収束宣言を全面的に撤回すべきだ。日本の悲劇を外国に輸出させない」のあいさつと呼びかけがありました。

  続いて、福島から参加した和田央子(わだなかこ)さんが「政府は、福島県鮫川村に汚染廃棄物焼却炉の建設を内部被曝の危険性があるにもかかわらず、周辺住民に十分な説明もなく強行した。周辺住民を無視した国による汚染廃棄物処理施設建設を許さず、東電と国の責任で汚染廃棄物を処理してほしい」と訴えました。医師の肥田舜太郞さんは医師として長年にわたり広島の原爆被爆者の治療にあたってきた経験から「アメリカは原爆に関する情報を隠してきた」と批判。そして「いま生きている私たちの責任として子どもたちや孫たちのために、福島そして日本のすべての原発をなくそう。そのための行動に参加しよう」と訴えました。また、ノーベル賞作家の大江健三郎さんは「原発問題は、人類が生きていくための本質的かつ現実的で具体的な問題。私も反原発のたたかいに現実に行動している人たちと一緒にデモ行進に参加しました。これは絶対に譲ることの出来ない問題です」と訴えました。

 閉会のあいさつで作家の鎌田慧さんが「原発はウソと金と脅しで推進されてきた。再稼働を許さないために周辺住民や立地住民と手を結ぼう。脱原発基本法を制定させよう。私たちは原発をなくすという歴史的な瞬間にいる。絶対に原発をなくすために奮闘しよう」と訴えました。集会の最後にみんなで「原発いらない」などシュプレヒコールを行い終了しました。

image007

  集会終了後、霞ヶ関周辺をパレードし、沿道の人たちに「原発ゼロ」「再稼働反対」などシュプレヒコールでアピール。パレード終了後は国会議事堂周辺の各エリアで原発なくせのさまざまなパフォーマンスが行われました。国会議事堂前のエリアでは国会前大集会が行われ、政党や国会議員、音楽家など著名人、原発立地地域から参加した住民などが行動に参加した全国の仲間に「原発をなくそう」とそれぞれの立場から思いを訴えていました。