image003 福島原発事故から5年が経過した3月26日(土)、東京・渋谷区の代々木公園で「ノーニュークスデイ・原発のない未来へ!3.26大集会」が行なわれました。この行動は全労連が参加する「原発をなくす全国連絡会」と「首都圏反原発連合」、「さようなら原発1000万人アクション」、「反原発運動全国連絡会」の主催で行われ、全国から3万5千人が東京・渋谷区の代々木公園に駆けつけ、自治労連からも全国から多くの仲間が参加しました。

 主催者あいさつに立った首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんは「大津地裁の判決で稼働中の原発を止めたことは私たちの希望です。原発を廃炉にし、福島の問題を1日も早く解決する決意の集会としていきたい」と訴えました。現地福島からの訴えでは、「福島原発訴訟団」の佐藤和良副団長から、「福島の被災者は、ふるさとを奪われ、生業を奪われた。今なお原発事故の関連死も増えている。5年が経過し、何も解決していないのに、今度は『ふるさとに帰れ』と言われている。私たちは今まで、耐え忍んで生きてきた。これからも諦めるわけにはいかない。安倍政権の原発政策を許さず、全国のみなさんと共にたたかってまいりたい」と決意を述べました。集会には、ルポライターの鎌田慧さんや作家の澤地久枝さん、原発立地の愛媛から中村嘉孝さん(原水爆禁止愛媛県協議会事務局長)、福井から宮下正一さん(原発反対福井県民会議)、「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の高里鈴代さんなどがスピーチを行いました。

 集会後は、代々木公園から3つのコースに分かれてデモ行進が行なわれ、「すべての原発を廃炉に!」、「子どもたちのために原発は廃炉に!」など、参加者は思い思いのメッセージボードや横断幕を掲げ、通行人にアピールしました。沿道からは手を振る人や飛び入りでデモに参加する人など、一緒になって「原発再稼働反対!」「子どもを守れ!」と声をあげました。参加者からは「安倍政権の暴走は許せない。子どもたちのために原発廃炉、戦争法廃止の声を広げていきたい」、「集会やデモで市民が声を上げ、原発廃炉を実現させなければいけない」などの感想がありました。多くの参加者からの「原発反対」、「再稼働反対」の声が響き渡り、大成功で集会を終えました。