My Way My Life2013年6月号 Vol.475

愛知・蒲郡市職 今井 葵さん

テニスは私の“恋人”です

蒲郡市役所に入職して5年目を迎える今井葵さん。蒲郡市職員組合の元気な若手組合員です。
職場は保険年金課で、後期高齢者医療の保険料の賦課や収納などの業務に携わっています。
組合活動には、その声質の良さから新人組合員の歓迎会で司会をつとめたり、持ち前のチャレンジ精神で最低賃金生活にも挑戦したりと積極的に参加。その元気な姿で、周りのみんなを明るくしてくれる存在です。
「体を動かすスポーツが大好き!」と語る今井さんは、バスケやスノーボード、お昼休みには同僚とキャッチボールをするなど、その華奢な体からは想像できない活発さ。なかでも一番はまっているのがテニスです。
今井さんがテニスを始めたのは高校一年生の時。中学時代からやってみたいと憧れていましたが、その時は部活の入部調整で入れなかったそうです。「高校に入ったら絶対にやるぞ」と思いながら、3年間続けた吹奏楽部。そこで身につけた肺活量と根性が、テニスで生きているといいます。今は蒲郡市役所のテニス部に所属し、多い時には週3回以上も練習するそうです。
今井さんにとってテニスとはどんな存在?と質問すると、「一言で表すと“恋人”かな。あっ!でもこれ言うと彼氏ができなくなっちゃうかも」と、はにかみながらも満面の笑顔で語ってくれます。
仕事で悩んだ時は、コートに立ってラケットを振ることで身も心もスッキリ。組合の若手でチャレンジした、お金が使えなくて辛い最賃生活も、休日はずっとテニスをしていたおかげで乗り切れたそうです。
そんな“恋人”の魅力について聞いてみると、「なかなか上達しないところが長続きの秘訣かも。それでもちょっとずつ上手になっているって実感できるのがうれしいんです」とのろけてくれます。
取材後、「今日もこれから練習です!」と元気に組合事務所を飛び出していく彼女。その元気さで、今後も組合を盛り上げてくれることに期待大です。

▲愛用のラケットを手に元気いっぱいの今井さん。鋭いスウィングも披露してくれました

▲テニスをしている姿は真剣そのもの