自由法曹団 

説明
自由法曹団は、1921年(大正10年)神戸における労働争議弾圧に対する調査団が契機となって結成された弁護士の団体です。2001には創立80周年を迎えました。
その目的は、「基本的人権をまもり民主主義をつよめ、平和で独立した民主日本の実現に寄与すること」であり、「あらゆる悪法とたたかい、人民の権利が侵害される場合には、その信条・政派の如何にかかわらず、ひろく人民と団結して権利擁護のためにたたかう」(規約2条)ことです。広辞苑でも「大衆運動と結びつき、労働者・農民・勤労市民の権利伸張を旗印とする」と紹介されています。