東京公務公共一般多摩支部 

説明
東京公務公共一般多摩支部(公共一般多摩支部)は、1998年4月27日に多摩市役所で働く臨時職員や非常勤職員などが不安定な雇用と無権利状態の改善、常勤職員との均等待遇などを要求して、公共一般本部の指導のもとに結成しました。(当時の組合名称は、都区関連一般労働組合『都区一般』、2001年10月に変更)。結成当時は20名ほどでスタートしましたが、児童館・学童クラブの臨時職員雇用確保のたたかい、給食センター臨時職員の解雇撤回のたたかい、年次有給休暇の獲得など様々なたたかいをへて、現在、6つの職種で、100名近くのパートの仲間が参加しています。