名古屋水道労働組合 

説明
名古屋市の上下水道事業に働く自治体(関連を含む)労働者で構成する労働組合です。
終戦の翌年、1946年2月5日に結成され、50年余の歴史を有する名水労は、河川を汚さないよう、合成洗剤を使わない住民運動や、長良川河口堰や徳山ダムなど使うあてのない無駄遣いの水源開発をやめさせる取り組みなどを通じて、名古屋市民の「水」を守って、活動してきました。