中核市市長会

説明
平成8年4月に、初陣を切って全国で12の中核市が誕生することになった。その時点では、中核市候補市の連携の場として中核市制度研究都市連絡協議会が既にあったが、協議会設立の主な趣旨が中核市候補市が互いに情報交換を行うことを通じて中核市指定に向けた準備作業を効率的に進めていくというものであったため、移行する中核市各市からは、これとは別に現に中核市に移行した「中核市としての連携の場」が必要であるとの声が高まってきた。こうしたことから、平成8年5月27日に中核市12市長で中核市連絡会が設立された。