すべての子どもに 安心できる保育の場を 表

保育ビラ-オモテ02  政府は、「子ども子育て新システム」を決定し、法律案を国会に提出しようとしています。

 国と自治体が保育の実施に責任をもつ現行の保育制度を廃止し、保育・子育てを市場化し、自己責任に変えようというのです。

 「被災地の子どもたちに安全・安心の保育を」「詰め込みではなく、保育所の新増設で待機児の解消を」「過疎地域でも安心して子育てできるように」という国民の切実な願いにこたえることこそ、政府の役割です。

 ほとんどの国民が、内容を知らないまま、こんな大事なことが決められようとしています。

 自治労連は、保育者や保護者のみなさんはもちろん、広く国民の皆さんに「新システム」の中身を知っていただくため、学習資料を作成しました。

 幅広くご活用ください。

すべての子どもに 安心できる保育の場を 表 (607 ダウンロード)

すべての子どもに 安心できる保育の場を 裏

保育ビラ-ウラ02

すべての子どもに 安心できる保育の場を 裏 (717 ダウンロード)