規制緩和のもと公立保育所の民営化が進められる中で、保育の質の保障が求められています。こうした中、3月31日、10年ぶりに「保育所保育指針」の「改定」が大臣告示されました。現在、2018年4月からの適用に向けて「保育所保育指針」の周知期間に入っています。

 この「保育所保育指針改定」では、「幼児教育」の強化や、「日の丸」「君が代」に親しむことが明記されており、来年度からは公立保育園現場に対して「日の丸」の掲揚や「君が代」の斉唱を保育行事の際に強制してくることも考えられます。内心の自由を保障し、子どもたちのための良い保育を目指していくために、こうした内容を含む「保育所保育指針改定」の問題点について組合員への周知を図ることを目的とし、学習リーフを作成しました。学習会の取り組みなどにご活用ください。

2017.5保育指針パンフ (385 ダウンロード)