都市も農民も、憲法をいかし、安心して住み続けられる地域に

私たち自治労連は、 自治体労働者の生活と権利を守ることと、 自治体労働者が住民「全体の奉仕者」(憲法第 15 条)としての職務を担って、 地方自治体の行財政の民主化をすすめることとを統一して活動しています。

安倍政権の進める「地方創生」に対する批判だけではなく、 都市も農村も真に地方を再生するためにはどうすれば良いのか、 自治労連としての考え方を示すことが必要だと考え、今回、「こんな地域と日本をつくりたい-提言案」を補足するものとして『都市も農村も、憲法をいかし、安心して住み続けられる地域に~安倍「地方創生」ではなく、地域の再生めざす自治労連の提言素案」を作成しました。この 『提言素案」について、 地域の再生に関心を寄せる多くのみなさまから意見を寄せていただきますようお願い致します。

 

自治労連の提言(素案)『都市も農民も、憲法をいかし、安心して住み続けられる地域に』-2015年5月 (209 ダウンロード)