臨時・非常勤職員の権利についての法的検討 (2526 ダウンロード)

 

1)はじめに

(1)臨時・非常勤職員の広がり

現在、全国の自治体では、多数の臨時・非常勤職員がさまざまな行政サービスを担っています。しかし、こうした臨時・非常勤職員の数やその処遇の実態について、国は長らくその把握を怠ってきました。

 ようやく2005(平成17)年になって総務省は初めての調査を行い、その総数を45 万人超と発表しました。その後、2008(平成20)年調査では約50 万人、2012(平成24)年調査では約60 万人とされています。

(全文は、上段のPDFファイルをご覧下さい。)