image003 6月6日、千葉県本部拡大単組代表者会議終了後、13時から約1時間、県本部弁護団(自由法曹団千葉支部事務局長)の岩橋進吾弁護士を講師に「戦争法制の概要と地方自治体労働者の役割」と題して憲法学習会を開催。野田、浦安、習志野、船橋、県職の5単組が参加しました。

まず自治体労働者の役割として、すでに自衛隊法第103条で戦争協力義務が認められていることを確認した上で、今国会で審議されている安全保障法制=戦争法制が、「いつでも、どの国とも、どこでも、いかなる場合でも」軍事行動をするという内容の法案であると説明したうえで、問題点を次の3点にまとめました。

①日本国民に内容を明らかにする前に、アメリカで成立を約束してくる手続違反

②憲法9条を根底的に否定する(変える)内容となっている

③日米安保条約を片務性から双極性へ大きく近づける内容となっている

 ※日本は軍隊を持たない、だから米軍が守る、そのために基地を提供→これまでの片務性

 続いてこれまでの明文改憲や解釈改憲、ここ1年の流れを確認、安保法制の枠組みや概要の話の後、「これから2ヶ月半の審議が日本の将来を大きく左右。国民の過半数が反対。その人たちに危険性を知らせるとともに、より多くの人に広げることが必要。6月4日には選挙権が得られる年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が、衆議院本会議で可決、参議院に。高卒までに戦争法制を含め社会の問題を判断できる素養をどう作るかも重要」など、自民党のビラまで用意していただき、平易な言葉を用いた大変わかりやすい学習会となりました。

匝瑳市職労ミニ憲法学習会を実施

 匝瑳(そうさ)市職労では、6月5日職場委員会を開催し、夏季要求書(案)の確認をした後、委員長が講師となり、自治労連本部作製の憲法パンフ『考えてみよう日本国憲法』を用いてミニ学習会を実施しました。「赤紙を二度と配らない」など自治労連方針や今の情勢解説の後、憲法前文を参加者で読み合わせました。

船橋駅にて憲法全文が掲載されたクリアファイルを配布

image009 6月9日夕方、午後5時30分から6時30分まで、船橋駅北口で県本部と船橋市職労、船橋労連合同で、「戦争法案を廃案に!」と宣伝、チラシ配布、署名行動を行いました。その後、船橋9条の会も同じ場所で宣伝。

 宣伝行動には、船橋市職労から14名、県本部から5名が参加。船橋市職労の黄木書記長は、1時間マイクを握り「若者を戦場に送らない」、「戦争法案廃案に」と自分の思いも込めて元気よく訴えました。

 県職労OBが退職金の一部から「戦争法案を廃案にするために使ってほしい」と寄付をしてくれた、日弁連作成の「日本国憲法全文クリアファイル」に「6.13千葉県民大集会」などのチラシを挟み、通勤・通学帰り、買い物途中の市民のみなさんに配布しました。1時間で300枚を超えるファイルを配布。署名も73筆集まりました。

「なんで安倍さん戦争をやりたがるのかね」、「安倍さん怖い」、「戦争法案は憲法違反の声もあるが、憲法を改正すればいいとならないような運動も必要ですね」などの声がある一方、「中国が攻めてきたらどうする」、「尖閣諸島とられたらどうする」、「国家をどう考える?」などとくってかかってくる男性も2人いました。1人でも多くの人に、「戦争法案の中身」を知らせていく必要があります。

 

千葉駅・本千葉駅でも宣伝行動

 6月9日昼休み、JR千葉駅で県本部も加盟する憲法共同センターの仲間が30名ほど集まり「戦争法案を廃案に!」、「6.13千葉県民大集会」を成功させようと宣伝行動を行いました。

 1時間でチラシ500枚、署名は42筆。シール投票には高校生の行列ができ、父親が自衛隊員という高校生は、「家では、戦争法案の話はしないが、法律通ったら海外に行くの?」と心配そうに聞いていました。
 また、元自衛隊員の方が「どこの政党?」「弁護士や労働組合、民主団体などで作る憲法共同センターです。私たちは県庁や市町村職員の労働組合です。」、「公務員がこんなことやっていいの?」、「私たちは採用されたときに、憲法を尊重し擁護することを宣誓します。その憲法が大変な危機です。太平洋戦争の時に、自治体職員が赤紙(召集令状)くばり、住民を戦争に駆り立てた。二度とそんな世の中にしたくないとの思いで取り組んでいます。」、「よし、わかった。がんばれ!」と署名してくれました。1時間の行動でしたが、関心が非常に高く、自らチラシを受け取りに来る、いったん通り過ぎて署名に戻ってくるなど、潮目が変わり始めているのを実感しました。

6月10日には、朝7時45分から8時30分まで、県本部が他の団体に呼びかけて、県庁や学校に通う学生に「6.13県民大集会」のチラシを挟んだ憲法クリアファイルを配布し、「戦争法案を廃案に!」、「6.13千葉県民大集会を成功させよう」と訴えました。45分で400枚のチラシを配布しました。