まちコレ2015年5月号 Vol.498

御城之口餅(おしろのくちもち)

400年続く大和郡山の銘菓

奈良県大和郡山市
201505-machi-1

▲「御城之口餅」15個入り1500円。6個入り(600円)から

 大和郡山市役所のすぐそばに創業1585(天正13)年の老舗菓子処「菊屋」があります。ここで400年以上受け継がれている「御城之口餅(おしろのくちもち)」という一口サイズのお餅があります。

 粒餡を餅で包み、きな粉をまぶしたお餅ですが、小豆は丹波大納言の大粒で、餅米、きな粉も厳選しているとあって一口サイズで1個100円します。

 天正13年は、豊臣秀吉の弟、大和大納言・豊臣秀長が大和郡山に入った年です。当時100万石の大大名だった秀長は、大和郡山をその規模にふさわしい都市にしようと、奈良にあったお店のほとんどを大和郡山の城下に集中させました。

 その一つが「菊屋」です。お城の入り口で売っているので、「御城之口餅」と呼ばれ、それがそのまま菓名となり、市民に親しまれています。

【まちコレメモ】

お菓子処「本家菊屋」 奈良県大和郡山市柳1―11 電話0743-52-0035

201505-machi-2

▲歴史を感じさせる菊屋

わが町自慢の食・物産など大募集中!
j.nakama@jichiroren.jp 件名に「まちコレ」を)